Amazonの配送料はいくら?送料無料にする裏ワザも紹介

Amazonでの買い物は店舗で直接購入するのと違いネット通販になるので、商品を発送してもらう際に配送料が発生します。

この金額は商品の種類や価格、配送方法などによって細かく決められているのですが、あまり良くわかっていないという人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事ではAmazonの配送料はいくらなのかについて、できるだけ詳しく解説していきたいと思います。

また記事の最後には送料無料でAmazonを利用できるようになる裏ワザも紹介していますので、是非読んでみてください。

プライム会員無料体験はこちら

Prime Student無料体験はこちら

Amazonの配送料の仕組みと金額

Amazonの配送料は、Amazonから発送される商品とマーケットプレイスから発送される商品とで変わってきます。

マーケットプレイスからの分については後述するので、まずはAmazonから発送される場合の配送料について説明しますね。

マーケットプレイスに関して詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ちなみに配送料は全て税込みとなっています。

通常配送の場合

Amazonから配送される場合の通常配送の送料は以下の通り。

本州・四国(離島を除く) 北海道・九州・沖縄・離島
注文金額が2,000円以上 無料 無料
注文金額が2,000円未満 410円
(メール便の場合は100円)
450円
(メール便の場合は100円)

Amazonでは注文の合計金額が2,000円以上の場合は送料が無料です。これは一般的な通販サイトに比べるとかなり低い金額となっています。

平均的には3,,000円~5,000円以上買わないと無料にならないネットショップが多いので、特に意識しなくても勝手に送料無料になる場合が多いかもしれません。

ですが2,000円に満たないと本州・四国の場合は410円、北海道・九州・沖縄・離島の場合は450円と商品金額に対して高い割合の送料が発生してしまいます。

ただし一部の小型・薄型の商品(大きめの封筒に収まるレベル)であればメール便での発送となるので、簡易梱包ではありますが日本全国100円で配送してもらうことができます。

注意ポイント

配送料は発送する住所ごとに発生します。

そのため、例えば1,000円の商品2つを二箇所の住所にそれぞれ発送する場合、合計で2,000円だったとしても各住所ごとに送る商品が1,000円ずつとなる為、送料が無料にならないどころか二箇所分発生してしまう点は注意しましょう。

お急ぎ便の場合

お急ぎ便などの配送オプションを利用した場合の送料は以下の通り。

本州・四国(離島を除く) 北海道・九州・沖縄・離島
お急ぎ便 510円
(メール便の場合は200円)
550円
(メール便の場合は200円)
当日お急ぎ便 610円
(メール便の場合は200円)
650円
(メール便の場合は200円)
ラッシュ便 710円
(メール便の場合は200円)
-
発売日/発売日前日にお届け 370円

配送オプションを利用した場合は購入した商品の金額に関わらず、一定の送料がかかります。

「お急ぎ便」は本州や四国の場合は510円、北海道や九州、沖縄の場合は550円です。

お急ぎ便より更に早い「当日お急ぎ便」の場合はそれぞれ100円上乗せとなり、一部のエリアのみ対象となるラッシュ便は710円となっています。

メモ

ラッシュ便とは一部の地域だけが対応している配送方法です。

感覚的には「お急ぎ便」と「当日お急ぎ便」の中間に位置する配送スピードのサービスとなります。

またいずれの場合もメール便に収まるサイズであれば全国一律200円となるので、コンパクトな商品であれば安く・早く発送してもらるというのは魅力的かもしれません。

ちなみに発送が早く便利なお急ぎ便などの配送オプションですが、一部対応していないエリアの場合は選択できないので注意しましょう。

ポイント

お急ぎ便は商品価格による送料の変動が無いため、2,000円以下の安いものを購入した場合はお急ぎ便を使うのがおすすめです。

普通に購入しても410円~450円の送料がかかりますが、お急ぎ便であれば+100円と僅かな価格差で早く商品が届きますからね!

お届日時指定便の場合

続いてはお届日時指定便の配送料です。

本州・四国(離島を除く) 北海道・九州・沖縄・離島
当日以外 510円
(メール便の場合は200円)
550円
(メール便の場合は200円)
当日 610円
(メール便の場合は200円)
650円
(メール便の場合は200円)

お届け日時指定便は当日の指定か当日以外の指定かで変わりますが、基本的にはお急ぎ便と同じ料金体系となっています。

まず当日以外の指定便に関しては、本州・四国が510円、北海道・九州・沖縄・そして離島が550円です。

当日を指定した場合はそれぞれ100円上乗せとなります。

そしてこちらでもメール便の対象サイズであれば全国一律200円で発送してもらうことができます。同じですね。

管理人
配送オプションを選択した場合は通常の送料に+100円~200円上乗せされると考えるればわかりやすいですね!

【おまけ】海外へ配送する場合

意外と知られていませんが、実はAmacon.co.jp(=日本のアマゾン)で購入した商品は海外へ発送することも可能です。

ただし地域ごとに配送できる商品や配送料が非常に細かく定められています。

長くなるのでここでは割愛しますが、気になった人は以下の記事をご覧ください。

関連記事
Amazonの海外発送時の送料や納期、対応地域まとめ

続きを見る

 

マーケットプレイスの送料は店舗ごとに違う

さて、冒頭で説明したようにAmazonでの注文は「Amazonから発送される場合」と「マーケットプレイスから発送される場合」で配送料が変わります。

ということで続いてはマーケットプレイスから発送される場合の送料について解説しますね。

 

まず前提として、基本的にマーケットプレイスの発送・配送料はAmazonではなく各ショップが担当しています。

そのため送料は各ショップ毎に定められた配送ルールに基づいて決まっているので、一概にこの金額というものは存在しません。

具体的な例を出して見てみましょう。

こちらはとあるキッチン用品の取り扱いショップ一覧。全部で3つの店舗で取り扱いがありました。

一番上のプライム表示があるものが既にお伝えしたAmazonから発送される商品で、下の2つがマーケットプレイスの商品になります。

「販売/出品」の欄を見ると一番上はAmazonですが、下2つはそれぞれ別なショップなのがわかりますね。

一番左の項目が商品の価格や掛かる配送料となっていて、それぞれ780円、980円とショップごとに違う金額となっています。ちなみにAmazonの商品は2,000円以上なので送料無料です。

管理人
「配送」の欄に掲載されている発送のタイミングもショップごとに違うことに注意しましょう。

 

ちなみに今回の例を見ると商品単体の価格ではAmazonが一番高額となっていますが、2,000円以上のため送料が無料となっているAmazonと違い、他の2つのショップは送料を含めるとトータルの金額がAmazonよりも高額となっています。

また発送も基本的にはAmazonが最も早いので、今回の場合は購入するのであればAmazon一択と言えるでしょう。

ポイント

この他、返品・返金や保証の条件などもショップによって変わってくるので、マーケットプレイスの商品を購入する場合は商品をカートに入れる前にショップの情報をよくチェックすることが大切です。

 

Amazonの送料を無料にする裏ワザ

Amazonで購入する商品は2,000円以上の場合は送料が無料になるので、特に気にする必要はありません。

問題は2,000円以下の場合です。この場合はメール便を除くと410円以上かかってしまうので、購入した商品の金額との割合を見るとかなり高く感じてしまいますよね。

管理人
日用品や消耗品など安価な商品もよく購入する私のような人にとっては、この送料はかなり痛い・・・。

そんなAmazonの配送料、実は商品金額に関係なく無料にする裏ワザが存在します。

 

その裏ワザとはズバリ、プライム会員になることです。

 

実はプライム会員になるとたくさんある特典の一つとして、金額に関わらず送料が無料になるというものがあります。

高い商品はもちろん、2,000円以下の安価な商品ももちろん無料です。あるかどうかは別として100円や10円、1円の商品だって無料。

それどころか便利な配送オプションであるお急ぎ便やお届け日時指定便まで無料で利用できるようになります!

注意ポイント

送料が無料になるのはAmazonから発送される商品に限ります。

マーケットプレイスの場合はプライム会員であっても送料が個別にかかってしまうので、注意しましょう。

 

もちろん月額500円or年額4,900円の会員費が発生してしまうというデメリットはありますが、月額500円って送料1回分ほどの金額ですよね?年額だと更に安い。

そう考えると消耗品や日用品などをわざわざ毎回送料を払って購入していたのがたった500円の月会費を払うだけで1ヶ月無料になり、更にお急ぎ便や日時指定便といった超便利なオプションまで無料で使い放題になるので、非常にコストパフォーマンスが高いということがわかると思います。

管理人
月額500円で送料や発送のタイミングを気にする必要がなくなるのは、精神的にもかなり魅力的!

 

しかも今ならプライム会員の30日無料体験が行われていて、30日以内に解約すればもちろん費用はかかりません。

なので何かAmazonで購入する予定の商品が出来たらすぐにプライム会員になって購入するのではなく、いったん無料体験を使ってから購入しその上で継続するかどうか考えるのがベストといえます。

ちなみに学生の場合はPrime Student(プライムスチューデント)という限定のプランが利用可能で、こちらは書籍が10%ポイント還元になるなどプライム会員よりお得な特典が付くほか、更に6ヶ月間も無料で体験することができる非常にお得な内容となっています。

どちらも気軽に試すことができるので、日頃Amazonでの買い物が多く送料が気になるという人は、この機会に試してみてはいかがでしょうか!

プライム会員無料体験はこちら

Prime Student無料体験はこちら

-配送
-

Copyright© プライム会員特典ガイド , 2020 All Rights Reserved.